三上弁護士と佐藤香奈子(精神保健福祉士・社会福祉士)がインタビューを受けました

三上早紀弁護士と佐藤香奈子(精神保健福祉士・社会福祉士)が、ココナラ法律相談のインタビューを受けました。 〈インタビュー記事はこちらからご覧ください〉 インタビュー | ココナラ法律相談 https://legal.coconala.com/lawyers/2524/interview

L-EAP(一般社団法人弁護士EAP協会)の理事に坪内弁護士が就任しました

EAP(Employee Assistance Program :従業員支援プログラム)は、米国生まれの職場のメンタルヘルスサービスであり、米国ではフォーチュントップ500の90%の企業がEAPを導入しているといわれるなど、世界中に普及しているものです(日本EAP協会HP参照)。 弁護士によるEAPサービスは、法律の専門家である弁護士の視点で従業員の抱える問題を分析し、改善・解決を目指すサービスで […]

ソーシャルワーカーとの協働により、再度の執行猶予判決を獲得しました。

弊所の坪内弁護士と佐藤香奈子(精神保健福祉士・社会福祉士)が協働して刑事事件を対応し、本年3月15日に再度の執行猶予判決を獲得しました。 事案は、70代の高齢者による万引きです。依頼人は、事件の半年前に万引きで執行猶予判決を得たばかりであり、万引き当時は執行猶予期間中でした。執行猶予期間中にまた犯罪を犯すと、執行猶予が取り消されて、今回の罪と併せて刑務所に行く可能性が高くなります(刑法26条以下) […]

初『ソーシャルワーカーズSST』を実施致しました!

ソーシャルワーカーの佐藤香奈子です。 2021年2月19日、第1回ソーシャルワーカーズSSTを実施致しました。(SSTは、social skills trainingの略で、社会生活技能訓練などと訳されています。相手に自分の気持ちを伝える、または相手からの働きかけに応じる練習をする時間です。) このたびは、初めての実施ということもあり非公開でコロナ感染対策も講じたたうえで実施致しました。 当事務所 […]

当法人の活動が、福祉新聞2021年1月25日号に紹介されました。

弁護士事務所「法律相談に限界」社会福祉士を雇用する協働モデルとは 東京都千代田区にある弁護士事務所が社会福祉士を雇用する取り組みを始めた。弁護士法人ソーシャルワーカーズ(浦崎寛泰代表)は生活上の困難を抱えたクライアントへの継続的な日常支援を展開する。浦崎弁護士は「法律相談を入り口に、福祉制度につなげるモデルが広がれば」と話す。 記事のページ 弁護士事務所「法律相談に限界」社会福祉士を雇用する協働モ […]