安井飛鳥

副代表ソーシャルワーカー
社会福祉士、精神保健福祉士、弁護士、アニソンDJ

私は、幼少期母子家庭で育った経験から子どもに寄り添った仕事をしたいと考え『学童保育』という子育て支援の仕事をしていました。現在は、法律専門職かつ福祉専門職としての知見を活かして子ども・障害者等の福祉的支援が必要とされる方々に関する相談や福祉施設や事業所等の運営やケース支援に関する相談を専門に扱っています。漫画、アニメ、ゲームといったオタクコンテンツ関係にも造詣が深く、声優、アニメーター、音楽家等のエンターテイメント、クリエイター関係の方々の相談も扱っています。
現在は児童相談所の非常勤嘱託弁護士として子育てに困難を抱える家庭や虐待を受けた子どもの保護や自立に関する業務や、社会的養育(児童養護施設や里親家庭等)を経験した若者へのアフターケアに関する業務に注力しています。その他、学童保育、子ども食堂、子どもシェルターといった地域の子育て・子どもの居場所づくりその他子ども向けのイベント企画活動にも携わっています。モットーは誰もが生きやすいまちづくりです。
児童相談所で勤務をしている関係から児童相談所を相手方とするような内容の交渉、裁判に関する相談はお受けすることができませんが、子育てや子どもとの関係等に悩まれている親御様の相談についても可能な限りご対応致します。

相談料等について

経歴

1984年生まれ 千葉県市原市出身
2004年8月
(~2011年11月)
東京都学童保育職員として勤務
2011年12月 千葉県弁護士会に弁護士登録、千葉中央法律事務所所属
2015年8月 法律事務所くらふと開設
2016年4月 社会福祉士登録
2016年10月 児童相談所 非常勤嘱託職員として勤務開始(〜現在も継続)
2017年4月 精神保健福祉士登録
2018年4月 弁護士法人ソーシャルワーカーズ設立(副代表)
2020年4月 日本社会事業大学専門職大学院入学

 

活動・所属団体・協賛団体

  • 児童相談所 法務担当官
  • ちばアフターケアネットワークステーション(千葉) 相談員
  • あすなろサポートステーション(神奈川) 相談員
  • 風テラス相談員
  • 千葉県フリースクール等ネットワーク 監事
  • アフターケア全国ネットワーク「えんじゅ」 監事
  • NPO法人Chance For All 監事
  • 一般社団法人子どもの声からはじめよう 監事
  • 日本エンターテイナーライツ協会 共同代表理事
  • 日本子ども虐待防止学会 会員
  • 日本組織内弁護士協会 会員
  • 千葉県弁護士会
    • 社会福祉委員会 委員
    • 子どもの権利委員会 委員
    • 法教育委員会 委員
    • 民事介入暴力被害者救済センター 委員 ほか
  • 千葉県社会福祉士会 会員
  • 千葉県精神保健福祉協会 会員

著書

  • 『慰謝料算定の実務 第二版』ぎょうせい・共著
  • 『対話がひらく こころの多職種連携』日本評論社・共著
  • 『自治体 【Q&Aでわかる業種別法務】』中央経済社・共著
  • 『子ども虐待対応 法的実務ガイドブック―児童相談所弁護士による実践的対応と書式』日本加除出版・共著

論文・雑誌掲載 等

  • 「“理解されない生活保護”が生命をつなぐ」世界 2018年2月号/岩波書店
  • 「非常勤弁護士としての関りを通じて考える今後の司法福祉連携へのあり方」自由と正義 vol69(3)/日弁連
  • 「法律・生活相談サービス「風テラス」から見えること」都市問題 2018年4月号/現代人文社
  • 「切れ目のない支援に向けて──-『18歳の自立』を考える──-」子どもの虐待とネグレクト20巻2号/岩崎学術出版社 2018年

WEBコラム 等